エコガラスに関するサポートならライフドクター24にお任せ下さい。

Life Doctor24 ライフドクター24 24時間×365日暮らしの”困った”に駆けつけます!!
トップ サービス一覧 Q&A 会社概要 お問い合わせ
トップページガラスのサービス一覧エコガラス
住宅のガラス
防犯対策
防犯ガラス
防犯フィルム
エコガラス
断熱ペアガラス
防火ガラス
防音ガラス
リフォーム業者の選び方
駆けつけサービス業者の選び方
見積もりの見方
対応エリア
Q&Aよくあるご質問
お問い合わせ
会社概要
リンク
 
 
ライフドクター24 ブログ
 

エコガラスの必要性

世間で話題のエコについて、皆様も何かでエコに取り組まれていると思います。
エコに協力して、自分も得するならいいですよね!

ライフ君もエコガラスをお勧めいたします。
エコガラスの必要性についてはいいことが沢山あります。


寒さ対策・結露対策・省エネ・防犯性・UVカット・他様々な機能が快適な生活にサポートしてくれます。


エコガラスをお使いいただくだけで、一戸あたり25本のぶなの木を植樹したのに相当するCO2削減効果が期待できます。(独立行政法人 森林総合研究所 試算)


エコガラスに変える(省エネルギー対策リフォームを行って居住すると)所得税、固定資産税の減税措置が適用されます。

エコガラスへの交換

エコガラスは断熱性能は省エネ建材等級表示で等級4(最高位)または等級3に該当。一般複層硝子(等級2)よりも優れており、また夏場の日差しを遮る性能においてもレースのカーテンだけで平成11年基準を満たすことができるガラスのことです。
エコガラスをお使いいただくだけで、一戸あたり25本のぶなの木を植樹したのに相当するCO2削減効果が期待できます(※)。
日本の住宅の窓ガラスすべてにエコガラスを使用したとすると、地球温暖化に影響するCO2排出量を1年間で約1,700万トンも削減できる計算になります。これは、2003年に日本の家庭から排出されたCO2の約10%、京都議定書で削減が義務づけられた温室効果ガス全体量の約23%に相当します。

エコガラスの仕組み

一見したところ仕組みは普通の複層硝子と同じように見えますが、大きな違いはガラスの内側に特殊な金属の膜があることです。この「特殊金属膜(高断熱Low-E膜)」こそが、エコガラスのポイントなのです。
この「特殊金属膜(高断熱Low-E膜)」により、複層硝子の断熱性能(冬場の室内の保温)がより高まり、また、一般の複層硝子には無い遮熱性能(夏場の太陽熱を遮断)が実現するのです。
だからエコガラスは環境保護や寒さ対策・結露対策、そして光熱費の節約にも貢献できるのです。

エコガラスについての QandA



→エコガラスに変えてどれくらいのエコになりますか?

冷暖房効率が良くなり、エネルギーの節約になります。
CO2排出量を抑えることができ、ぶなの木に例えると、25本分の植物に相当します。
一般的な戸建住宅の場合、 通常の一枚ガラスからエコガラスに換えると、暖冷房費が年間で最高9万円以上も節約できます。

日本の住宅の窓ガラスを全てエコガラスにすると、
地球温暖化に影響するCO2排出量を1年間で約1700万トン削減できます。
京都議定書にて削減が義務付けられた温室効果ガス全体の約23%になります。

※算出根拠 板硝子協会発行の「住宅窓の断熱化による省エネルギー効果-Low-E複層ガラスによるCO2排出量削減-(SMASHにいよるシュミレーション計算結果)平成15年3月」に基づき、東京の戸建住宅(床面積84.5平米)一戸あたりのCO排出量削減を265.55kgと計算しています。
これをぶなの木1本が1年間に吸収するCO2量11kg(独立行政法人 森林総合研究所 試算)で割り、算出しています。

自分だけがやってもしょうがないだろうと思わず、一人一人の積み重ねが大きな力になることは間違いないですし、エコガラスにすることで、ト-タル的に家計にも大きく貢献することは間違いないです。
そして、より良い環境で生活できるのであれば、言う事無しですね!!


→エコガラスの仕組みを教えてください。
複層ガラスの一種ですが、大きな違いはガラスの内部にあります。
特殊な金属膜がエコガラスのポイントです。
複層ガラスの断熱性能(冬場、温かい空気を逃さない保温性)
遮熱性能(夏場の太陽熱の遮断)が備わっています。
この構造により、寒さ対策・結露対策にも貢献します。

→エコガラスの特徴を教えてください。
省エネ機能、断熱性能(冬場、温かい空気を逃さない保温性)遮熱性能(夏場の太陽熱の遮断)の機能に加え、防犯対策、寒さ対策、結露対策、防火対策、防音効果、欠落防止機能、UVカット効果、等様々な機能が備わったエコガラスがあります。
機能が様々のうえ、色が選べたり、重さが軽くなり扱いやすくなっています。

→エコガラスにして快適な空間になる訳を教えてください。

<夏は涼しい>
透過日射が低く、防暑に強いため、太陽熱、直射日光の暑さを直接感じさせません。
体感温度で比較すると、
☆一枚ガラスの部屋→34.7度の外気環境から帰宅した場合、部屋の温度は35.2度。
☆エコガラスの部屋→34.7度の外気環境から帰宅した場合、部屋の温度は31.8度。
エコガラスのほうが外気より涼しくなっているのが分かります。

この部屋の温度の違いは ガラスの透過日射率が
1枚ガラスの透過日射・・・85.7%
エコガラスの透過日射・・・35.8%

と、格段の差が出ていることによります。
太陽エネルギーの64.2%を遮断しています。

そのため、エアコンをつけてから部屋が涼しくなるまでの時間に大きく差が出るため、省エネ効果もアップします。

<冬は暖かい>
断熱性が高く、部屋の隅々まで温かいため、エアコンつけてから部屋が温まるまで早く、省エネ効果もアップします。

冬、早朝の寝室の温度 
☆一枚ガラスの寝室の温度・・・10.3度
☆エコガラスの寝室の温度・・・13.9度
その差は3.6度、体感温度では実質的な温度差以上の温かさで感じられます。

リビングの部屋ですと、外気との温度差は
☆一枚ガラスの場合・・・12.9度
☆エコガラスの場合・・・8.4度
体感温度では10度以上の差があり、温かく感じられますし、
せっかく暖房をかけていても、一枚ガラスの部屋では4.8%の熱が窓から逃げてしまいます。


→エコポイントをどうすれば申請手続きできるのですか?

住宅エコポイントの申請は故人申請の場合は商品交換のみ、代理申請の場合は窓口での受付のみとなりますのでご注意下さい。全国の申請窓口、郵送先などについては「住宅エコポイント事務局」のホームページにある、「ポイントを申請する方へ」(http://jutaku.eco-points.jp/user/)のページご覧下さい。

<申請に必要な書類6点>
1:住宅エコポイント発行・交換申請書
2:工事証明書(リフォーム)
3:窓またはガラス性能証明書
4:領収書
5:施工写真
6:申請者の本人確認証明書(身分証など)

<申請の流れ>

○最寄の申請窓口(全国約3800箇所)の場合
申請窓口→住宅エコポイント事務局→審査後、ポイント発行→商品交換

○事務局へ郵送の場合
住宅エコポイント申請係り→審査後、ポイント発行→商品交換


エコガラスの効果

  • 省エネ効果
    少ないエネルギーで快適に暮らせるエコガラス。当然、暖冷房費の節約にもなります。
    一般的な戸建住宅の場合、 通常の一枚ガラスからエコガラスに取り換えると暖冷房費が年間で最高9万円以上も節約出来ます。

  • 寒さ対策
    乾燥中空層と「特殊金属膜(高断熱Low-E膜)」 が室内の暖かい空気を逃しません。
    だから窓際がヒエヒエしません!

  • 結露対策
    結露を防止するには、外の寒さで窓ガラスが冷えるのを防ぐことが大切。
    エコガラスには一般の複層硝子と比べてさらに高い断熱性能があるため、外気の冷たさがより伝わりにくく結露の防止に高い効果を発揮します。

  • 夏の暑さにも強いエコガラス
    「特殊金属膜(遮熱高断熱Low-E膜)」 が太陽の熱を遮断!外の暑い空気を室内に入れません。
    だから窓際がジリジリしません!


火災保険・家財保険対応

0120-495-495
 
Copyright 2017 BEST Corporation. All Rights Reserved.